育毛すれば発毛いらず

育毛とは、発毛とは違い、自分の持っている髪を育てていくことを言います。「最近、髪が薄くなってきて悩んでいる」という方は、まだ間に合います!育毛なら発毛よりも安価で簡単に、自信を取り戻せます!

髪が薄くなり悩んでいる男性の頭

育毛と発毛は違います

育毛と発毛は時折混同されることがありますが、実際には全く別のものだとして考えておくことが必要です。
ではどういったところが違うのかと言うと、まず育毛と言う場合には「今生えている髪の毛を育てる」ということが目的になります。
そのためどちらかというと薄毛になり始めた頃、髪の毛が細くなり始めた頃に行うべきことだと言えるでしょう。
それに対して発毛と言われた場合には「髪の毛そのものを生えさせる」ということが目的です。
何らかの事情で発毛がストップしてしまった毛根などに対して回復を促し、髪の毛の総数を増やすことが発毛なのです。
もちろん発毛に伴って現在の髪の毛を育てる育毛も行われることになりますが、育毛と比べるとより本格的な薄毛治療であるとして考えなくてはなりません。
この違いはそれぞれの人の状況に合わせて考える必要があります。
先にも述べたとおり育毛は比較的初期の段階で行うことであり、発毛は育毛では既に対処が出来ないほど薄毛が進行している場合に行うべきことだと言えます。
特にそもそも毛根から髪の毛が生えなくなってしまっているのに育毛を頑張っても、高い効果を期待することはできません。
もし髪の毛の総数自体が減ってしまっているのであれば選ぶべきは発毛の方なのです。
さて、それでは自分にとってどちらのケアが必要になるのかと言うことを判断する方法ですが、最も確実なのは専門クリニックの診察を受けることです。
現在薄毛治療に取り組んでいるクリニックは全国各地にあり、そこではさまざまな治療法によって薄毛改善が行われています。
最初の診察では現在の薄毛の進行具合を確認し、どういった治療が必要かの判断が行われることになりますから、育毛をするべきか発毛をするべきか迷った場合には専門クリニックの診察を受けるようにしましょう。

育毛剤と育毛シャンプー、コスパがいいのはどっち?

育毛ということでよく使用する製品の候補に挙がるのが育毛剤と育毛シャンプーのふたつです。
どちらも髪の毛を育てるという目的は共通していますが、製品としての外観はもちろんのことその仕組みも異なるものになります。
そのため「コスパが良いのはどちらなのか」と言われることが多いのですが、このコスパという言葉は様々な意味があるために「間違いなくこちらだ」という答えを出すのは困難です。
とは言えまず「商品としての価格はどうか」ということでコスパを考えるのであれば、製品にもよりますがほとんどの場合はシャンプーの方が安いとして考えて良いでしょう。
安いものであれば数百円程度、高いものでも一万円を超えることはあまりありませんから、商品そのものとしての価格で考えるのであればシャンプーの方が安いです。
ただあまりにも安いものだとメーカーが育毛と銘打っているだけで実際には大した効果が無いことも多いですから、シャンプーを選ぶのであれば事前にしっかり情報収集をしなくてはならないとして考えておくことが必要になります。
続いて「育毛効果はどうか」として考えた場合ですが、これも製品によって異なりますがおおよそ安心できるのは育毛剤の方です。
特にミノキシジルなど医学的に効果があると判断されている成分を含むものであれば、時間はかかりますがおおよその場合は効果を期待することができるでしょう。
しっかりとした有効成分を含むものとなると安いものでも1万円を超えることが多いため、商品としてのコスパで見た場合はシャンプーに劣りますが、安心できる要素が大きいことを考えると効果が出るまでの最終的な投資額としてはコスパが良くなることもあります。
そのため「まだ薄毛がそこまで進行していないのであればシャンプーで十分だが、ある程度進行していてすぐにでも対処をしなくてはならないのであれば育毛剤を選ぶべき」として考えると良いでしょう。

育毛じゃ足りなくなったら発毛に切り替えよう

髪の毛の薄さが気になってきた人がまず初めに薄毛対策として行うのが育毛です。
現在ある髪の毛が育ちやすい頭皮環境を作り、髪の毛を伸ばして行けば薄毛になった部分も効率的にカバーしていくことができるようになるでしょう。
しかしながら育毛だけでは効果が出ないことも決して珍しくはなく、特に薄毛がかなり深刻な状態にまで悪化してしまっている人だとどういった対処をしても効果が見られないということがあり得ます。
ではそうした場合にはどうすれば良いのかというと、最も重要なのは「発毛に切り替える」ということです。
そもそも育毛と発毛は混同されることが多いのですが、目的となることは全く別のことになります。
育毛の場合は現在の髪の毛が伸びやすい環境を作ることを目的としていて、発毛の場合は現在生えなくなってしまっている毛根に対して発毛を促すことが目的となります。
そして「育毛では効果が見られない」という場合、それは根本的に生えている髪の毛が足りない可能性が高いのです。
生えている髪の毛の本数が足りないのであればもっと生えるようにしてやるのが一番の対策になりますから、育毛で今ひとつ満足できない場合には発毛に切り替えることを考えるべきだと言えます。
発毛となると使用するヘアケア製品も少々価格が高くなってきますし、効果が実感できるようになるまで腰を据えて取り組まなくてはなりません。また、発毛効果のあるお薬でプロスカーがあります。このプロスカーは発毛効果のあるフィナステリドが配合されているので、プロスカーで髪を再生することができます。
ですが育毛で効果が出ないということは髪の毛の本数が足りていないということなのですから、いつまでも効果が期待できないことにこだわり続けるよりは発毛に切り替えて考えて行った方が良いわけです。
もちろん総合的に判断することが必要になることは間違いありませんが、薄毛は放置しているとどんどん悪化して行ってしまいますから早めに対処するようにしましょう。
◆育毛や脱毛症に効果がある成分ケトコナゾールのお薬で治療しましょう
ケトコナゾール